FANDOM


この記事は辞典的ではない表現が含まれています。
この記事「ブルース」はウソではありませんが、ちょっと表現の仕方に癖があります。。

ブルースとはギタリストが真っ先に覚える手軽にカッコいいフレーズが出来る都合のいいものである。

歴史 編集

19世紀半ばに奴隷としてアメリカに渡った黒人達によって生み出された哀愁を帯びた音楽。後のジャズリズムアンドブルースロックなどの音楽的な基盤ともなった。主に恋愛や苦悩を歌った3行形式の化し、ワンコーラス12小節というスタイルのパターン化したコード進行、ブルーノートを用いたメロディーやテクニック、トニックドミナントセブンスを用いる手法などが特徴である。

スケール 編集

ド、レ、ミ、ミ♭、ソ、ラ

ラ、ド、レ、ミ、ミ♭、ソ

理論 編集

ペンタトニックスケール、ならびにマイナーペンタトニックの音にそれぞれ短3度、もしくは減5度を加えたものである。メジャーペンタトニックスケール(通常、メジャーを省略する)においては調の正確を決定する3度の音が両方存在するため、長調、短調のそれぞれの性質を自由にコントロールすることが出来る。 導音が使われない点はペンタトニックと同様。 先の例に挙げたミ♭がまさにブルーノートと呼ばれるものである。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。