FANDOM


この記事は辞典的ではない表現が含まれています。
この記事「リコーダーの使い方 (悪ふざけ)」はウソではありませんが、ちょっと表現の仕方に癖があります。。

リコーダーとは基本的に息を吹き付ければ音が出る楽器だが、時にチャンバラの道具になったり、さんざんチャルメラばかりを演奏させられた挙句、卒業式で捨てられてしまう。これが小学校での事象であった場合は中学校入学時に高確率で新たに買う羽目になる。

中学校ではさらにチャンバラの道具になる場合が多く、課題曲を演奏するわけでもなく、やはりチャルメラが音楽室に鳴り響くことになる。

なお、リコーダーは本来サキソフォンやクラリネットと同類のリード楽器の分野に入り、ブレスコントロールやサミングによってビブラートを得るといった表現力がある。また、運指も難易度が低いために楽器の入門としては最適と言える。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。