FANDOM


5度圏とは音楽理論における、コード、あるいは調の関係を表す図面である。コード理論では隣り合った音同士がそれぞれ強進行の関係にあり、属和音、下属和音などがわかる。

コード理論上での働き編集

時計のように12の点を用いた場合、12時の位置にCを置く。12時の位置にCを置く理由は後述。 この時右方向に完全五度を書いていくと1時の場所にはG、11時の場所にはFの音が現れる。

すなわち、3個をワンセットにして取り出した場合、いかなる場所の3個を取り出しても、真ん中をトニック、時計にして一つ前の位置がサブドミナント、一つ先の音がドミナントの役割を果たす。

なお、「トニイホロヘハ」は ト=G、二=D、イ=Aと、調号の#がひとつずつ増える方向、すなわち時計にして右回りに並んでおり、「ヘロホイニトハ」は ヘ=F、ロ=B♭、ホ=E♭と調号の♭がひとつずつ増える方向である。 また、「ヘロホイニトハ」とは、早覚えのための語呂合わせで正しく書くと ヘ、変ロ、変ホ、変イ、変ニ、変ト、変ハとなる。

調を表す場合編集

また、調に関しても大変わかりやすく時計回りに進むと、譜面の冒頭にたむろしている♯が一つ増える。そして6時の位置に来た時♯を6つ並べたF#メジャーキー、異名同調のG♭メジャーキーもまた♭が譜面の冒頭に6つ現れる。

このとき時計回りに12時に向かっていくと♭の個数は一つずつ減少し、11時の位置ではついに♭は一つになる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。